一浪一留ロンダ東大院生が長かった学生生活を振り返る自己満なブログ

奈良県に生まれる→田舎のガリ勉学校→精神に異常をきたす→一浪で大阪大学合格→留年→就活失敗→院試に切替→東大院→大手ICT企業勤務予定の、一通り学生生活を経験した東大院生が、大学生や高校生向けに情報発信する場です。もう26歳になりました。

留年は就活にとって悪か?留年経験者が考えてみる。

こんにちは、タケポンです。

 

今日は留年について、留年経験者の僕よりお話したいと思います。

 

最初の記事で僕の経歴については軽く触れていますが、僕は大学で留年を経験しています。

 

理由は簡単で、

 

大学の授業が難しく、また興味がわかなかったので、大学から自然と足が遠のき、だんだんバイトとサークルにかける時間が増えていき、気づいたら単位が足りておらず、3年から4年に研究配属される必要単位数に足らず、留年しました。

 

その後は、留年→就活失敗→院試→内定GET→今

 

という感じで、留年明けの就活には失敗しています。

 

そして、改めて院で就活し直して内定を得たわけですが、2回の就活を通してわかったことは、

 

留年すること自体は、就活には影響しない

 

ということです。

 

少なくとも、2留程度までは、特に留年していること自体が問題に問われることはないと思います。

 

正確にリサーチしたわけでないですが、2留で大手超優良企業に就職して、東京でエリートサラリーマンをしている先輩はいます。

 

このように、留年をしていても、その人の人柄が企業の人事的視点で見てgoodならば、関係なく採用はされるのではないかと思います。

 

なぜ、そういうことが言えるのかというと、留年明けの就活と、修士1年時の就活で明らかに違ったのは、就活で話すエピソードの違いでした。

 

僕は人事受けするように、修士1年の夏学期は、ロボコンや、英会話教室など、何か目標を持って取り組む活動に精を出しました。

 

そして、どちらもそんなに結果はついて回りませんでしたが、人事の人にはとても興味をもって聞いてもらえました。

 

・どんなことをするの?

・何が大変だった?

・あなたはどんな役割だった?

 

などなど。

 

企業の人事は「何か目標をもって、できればチームで取り組んだエピソードとそこから得たこと、その中で発揮されたあなたの強み」を知りたいのです。

 

つまり、就活においては、留年いかんよりも

目標を持って取り組んだことが、例え結果が伴っていなくてもあるか

ということがとても重要視されます。

 

だから、留年したとしても、あなたはまったく悔やむ必要はないのです。

 

むしろ、1年間時間ができたのだから、他の人より、目標を作ってチャレンジする機会ができたのです。

 

また、目標は達成できなくても構いません。

あなたが、なぜその目標を定めたのか?
なぜ、そのような結果になったのか?
なぜ失敗したのか?
結果、あなたは何を得ることができたのか?

そこが大事なのです。

 

では、なぜ目標を持ったエピソードが重宝されるのでしょうか?

 

企業が求める学生の素質にPDCAサイクルを回せるかがあります。


PDCAサイクルとは


P:Plan(計画)
D:Do(実行)
C:Check(評価)
A:Act(改善)


の4段階で成り立ち

 

事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する(Wikipedia

 

とあります。

これ、事業に限らず勉強や研究でも同じことが言えるのですが、企業はこの素養を学生にもとめているのです。

ちなみに余談ですが、なぜ、理系の学生が就活で強いかと言うと、日々の膨大なレポートや、研究活動から、これらのサイクルを回す能力が無意識で上達しているからなんです。


実は「目標」を定めると、無意識にこのPDCAサイクルを回すようになるんです。

 

そして、目標に向かってPDCAサイクルを一定期間回し続けると、不思議なことに、いくらでも自己PR(しかもかっこいいの)を書くことができるのです。

 

「自己PRを400字以内で書いてください。」

 

と言われて、書けない人はだいたい、大学で何か目標を持って取り組めていない人です。

・何となくサークルをしていた。
・サークルでお金が必要だからバイトしたが、正直だるかった。

こんな人でしょう。

 

だから、留年した今だからこそ、時間があるからこそ、もう一度PDCAサイクルを回しましょう。

 

留年はむしろチャンスです。

 

時間の使い方次第で、人生大逆転できるかもしれません!

 

どんな目標でも構いません。

ただ、小さすぎる目標はダメですよ。

1年も時間があるんですから。

例えば、

TOEIC700点

TOEIC900点

 

700点くらい、留年していなくても、普通に学業の傍らとれますから。

留年して時間があるからこそできる目標をたてましょう!

 

まとめ

留年した人は、留年した事実を真摯に受け止め、何か目標設定をして、1年間、PDCAサイクルを回して、有意義に過ごしましょう!

留年は終わってみれば、いい人生経験です。

 

P.S.
ちなみに僕は留年中は、何の目標も持たず、バイトでお金をため、沖縄の離島で悠々自適なスローライフを送っておりました。

そして、就活では1社も内定もらえませんでした...