読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一浪一留ロンダ東大院生が長かった学生生活を振り返る自己満なブログ

奈良県に生まれる→田舎のガリ勉学校→精神に異常をきたす→一浪で大阪大学合格→留年→就活失敗→院試に切替→東大院→大手ICT企業勤務予定の、一通り学生生活を経験した東大院生が、大学生や高校生向けに情報発信する場です。もう26歳になりました。

環境が大事なのは真実。でも環境のせいにしても何も変わらないという話。

失敗は誰しもするものです。

つねに自分の希望が通るとも限りません。

失敗、挫折、...

うまく結果がでないとき、

  • 先生の教え方が悪い
  • テキストがよくない
  • 協力者がいなかった
  • 周りが悪い

のようなことを少しでも考えたことのある人は要注意です。

人間だれしも、人のせいにしたがります。周囲のせいにしたがります。


人のせいにするのはとても大切なことです。環境は大事です。

いい先生に教わらないと成績はあがらないし、いい上司に恵まれないと出世できないと聞きます。

だからいいんです、それで。

でもね...

 周りのせいにしても、何も変わらないぞ

ということを肝に命じておいて欲しいのです。

 

環境は大事だという真実

東大生の親の年収はいくらくらいか知ってますか?

president.jp

950万円以上が、過半数を占めています。
実際東大に通っていても、なるほどそうだと思います。

僕は田舎の昔気質の両親のもとで育ったので、やはり東大生と話していても、価値観というか、なんとなく考え方が違うなと思うことがよくあります。

やはり生まれ育った環境、勉強する環境、仕事する環境、これらは人の性格や能力に深く影響を与えます。



環境のせいにしても、何も変わらない

しかし、もしあなたが、失敗や挫折を経験し、それを乗り越えたいと思うのであれば、たとえ環境のせいであっても、絶対に環境のせいにしてはいけません。

なぜなら、

環境のせいにしても、あなたが変わらなければ、何も変わらない

からです。

環境のせいにしている限り、あなたは同じ失敗や挫折を繰り返していくことでしょう。


まとめ

自分が変わらないと、環境も変わらない。
だから、自分を変えていこう。

そしたら、いつかよい結果がついてくるよ!